新着情報

毎月無料メールマガジンで経営に関する有益な情報を配信しています。簡単に登録できますので、ぜひこの機会にご登録ください

無料メルマガ登録はこちらへ

我々の使命

創業をしても数年で多くの企業は撤退をしていきます。それは、多くの経営者が「お金のルール」を知らないことと同時に、もともと「会社は潰れるようにできている」という認識がありません。上手くいくことが当たり前という事での成り行き任せの経営ではなく、もともと潰れるものだという前提で、日々採算をとっていくことが本来の経営です。

何百人という経営者とお会いしてきて、何百社という企業経営の成長、衰退を目の当たりにしてきて強く感じるのが、社長の姿勢が企業の成長を決めているという事。

私たちは、「社長の最良のパートナー」であることを「使命」として経営者とともに成長していきます。

多くの経営者は自分の会社は「大丈夫」だと勘違いしている!

こんな兆しや不安を感じたら、

まずはご相談ください!

  • 会社のお金の流れが漠然としかわからず不安がある。
  • 2か月後の資金繰りに不安がある。
  • 2期連続で営業赤字の状態である。
  • リスケジュールをしているが、出口が見えない。
  • 銀行の融資がストップしている。
  • 常に資金繰りに追われ悩んでいる。
  • 社員との立場の違いにより問題意識を共有できない。
  • 本音で経営のことを相談できる人がいない。

社長が抱える「お金に関するお困りごと」トップ5

  • 1
    基礎知識
    そもそも、会社としてのお金の入りと出の全体像とそのメカニズムを知らないので、「どこかに見落としていることがあるのでは?」と常に恐怖心がある。
  • 2
    自社の現状の収支情報
    自社のお金の入りと出の全体像がつかめていないので、黒字であっても赤字であっても、「自社は今、どのくらいのレベルにあるのか」がわからず、常に不安があり、アクセルを踏み込めない。
     
  • 3
    自社の未来の収支情報
    近い将来、お金が不足するか否か、仮に不足するならいくらか?その金額が不明確なので、対策がぼやけている。

     
  • 使い方の基準や根拠
    「社員を採用する」「ボーナスを支払う」「設備投資をする」「広告を打つ」など支出を伴う経営判断をする際に、いくらまでならOKなのか根拠や基準がない。
    そのため、「使っていいか否か?」「使うとしたら、タイミングや支払方法をどうすればいいか?」の判断がつかず不安である。
     
  • 5
    やりたいこととお金のリンクづけ
    「ビジョンにそって活動した結果、お金がいくら出入りするのか?」そして、「それは会社全体の収支にどう影響を与えるのか?」が結びつかず、モヤモヤしている。そこをマクロ的ミクロ的にリンクつけしてつかめるようになりたい。

     

東海経営コンサルティング4つのサービス

キャッシュフローコーチング

キャッシュフローコーチングは、和仁コンサルティングの和仁先生が15年以上実践して、成果を出し続けている・・・

事業再生支援

本来会社を存続させるという事はどういうことなのかを経営者と共に考え、社員をはじめステークホルダーや・・・

クリニック開業支援

年間約4000名の先生が開業を実現されています。開業したらどのくらい患者さんに来てもらえるのだろうか・・・

飲食店開業支援

「飲食店を開業したい!」と思っても「じゃあ、まず何をしたらいいんだろう・・」と悩む方の為に・・・

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0532-57-3030

メールでのお問合せは24時間お受けしております。